×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

履歴書の封筒の書き方

履歴書は封筒の書き方から企業の人事担当者によってチェックされています。履歴書は、自分を理解してもらうために作成された商品説明資料のようなものですから、履歴書の封筒の色・大きさ、履歴書の封筒の書き方、宛名書き、人事担当者の名前がわからない場合の宛名書き、住所表示、縦書き・横書きなど履歴書の扱い方からその人の心構えが判断されています。履歴書を入れる封筒の書き方、渡し方を紹介します。履歴書の封筒の書き方は履歴書をを持参する場合の封筒の書き方、郵送する場合の封筒の書き方など微妙に異なる点もあり、また返信用封筒を入れるのか、そこに貼る切手は、など迷い始めると細かなことに不安が出てきます。履歴書の封筒の書き方を持参する場合と郵送する場合に分けて順次説明する前に、共通の書き方、注意点から始めてみましょう。封筒には「履歴書在中」と朱書きしますが、採用企業はあなた自身を知りたがっているのですから履歴書だけでなく自己PRする身上書、転職ならこれまでの職務経歴書なども同封します。返信用の封筒の同封は指定がなければ必要ないでしょう。返信用封筒が同封されていても会社の封筒を使用されることが多く、書類選考に残れば郵送では時間がかかりあなたへの意思確認が取りにくいので電話連絡が通常ですから。

履歴書の封筒・郵送する場合

履歴書を入れる封筒も、履歴書と同じく心を込めて記入します。履歴書を入れる封筒の色は白が良いです。大きさは履歴書が折れないようA4サイズで。身上書や職務経歴書、添え状などを同封すると四つ折では分厚く入らなくなったり皺で読みづらくなります。・履歴書を郵送する場合の封筒の書き方の表書き。縦書きで、封筒の右側に住所、その左に会社名と担当者の部署、そして中央に担当者の名前がくるように配分します。封筒の宛先、住所表示は郵便番号と正しい住所表示方法を使うこと。番地の書き方は、3-5-7のように略さず、三丁目五番七号のように正式な住所表示に従います。封筒の宛名はさらに重要です。宛先の敬称は、社名・部署名のみの場合は「御中」、担当者名がある時は会社名、担当部署名 担当者名様」と書きます。「御中」はいりません。宛先の書き方は添え状など便箋の末尾に書く場合も同様にします。部署がわかっていて、担当者名がわからない場合は、会社名、担当部署名御中と記入。会社名御中、部署名様としない。封筒の左下に履歴書在中と朱書き記入することを忘れずに。・履歴書を郵送する場合の封筒の書き方の裏書き。封筒の中央に自分の郵便番号、住所、氏名を記載する。履歴書と同じで、住所を1-2-3のように略さないこと。封筒の書き方の表書き。履歴書を入れた封筒の裏には住所・氏名・学生なら学校名や学部・学科も記入してください。

履歴書の封筒・持参する場合

履歴書を持参する場合の封筒の書き方も基本的には郵送する場合と同様です。履歴書の日付は持参・面接する日を記入します(郵送する場合は投函日)。履歴書を持参する場合も挨拶状を添えると、人事担当者の記憶に残りやすく応募者の中でもよい印象を残すことができます。挨拶状は拝啓・時候の挨拶・履歴書でアピールできなかったことなどを書き・敬具、という形式で宛先の書き方も履歴書郵送の場合の書き方と同じです。履歴書の郵送の場合には採用担当者にとって、あなたについての情報収集は履歴書しかないので、添え状が採否を決定するかもしれません。・履歴書を持参する場合の封筒の書き方の表書き。住所は不要ですが、宛名は履歴書の封筒を持参する場合と同じにします。封筒を持参の場合、封筒から出して手渡す場合の他、封筒のまま提出する場合もあることを想定して、封筒の色、サイズ、宛名の書き方、履歴書在中の朱書きなど郵送する場合と同じ準備をしておく事が無難です。封筒の封は不要です・履歴書を持参する場合の封筒の書き方の裏書き。封筒の裏にはきちんと住所、大学学部名 氏名を記入して下さい。校名入りの所定封筒ものがあればさらに良いです。書き終えたら必ず確認して履歴書の封筒は履歴書の延長だと認識しましょう。

Copyright © 2008 履歴書 封筒 書き方